期待値時給と期待値の優先度の決め方のお話

IC_OdHKjjQUdvFP1507166809_1507166811

期待値時給と期待値

どちらを優先すべきなのか

ここについて今回はお話していきます。

ベストな立ち回りは◯◯

ベストな立ちまわりは、ライバルの存在や台が空く可能性を考慮して、できる限り最大の期待値をとることです。

よって、純粋にどちらを優先すべき・・・ってのは断定できません。

いずれも頭に入れつつ、効率よく期待値をとることが重要です。

なんとなくの部分を明確にする

期待値という考え方は4~5年くらい前?から少しずつ浸透してきました。

ただ1,2年の間で、期待値時給という考え方がかなり意識されるようになったと感じています。

ブログでも期待値と時給いずれも載せる人が多くなってきたのもありますしね。

そして、時給3000円を目安にするなら◯◯Gからを推奨!!

みたいな書き方をするのが当たり前になっています。

前置きがちょっと長くなってしまいましたが、頭に入れて欲しいのはこれです。

その打ち始めボーダーで打った時に得られる期待値(仕事量)は基本的に期待値時給以下の数値に落ち着くということ。

2つの例と簡単な問題

①期待値3000円 時給3000円
②期待値1500円 時給3500円

例えばですが、上記2つの機種があったら、あなたはどちらを打ちますか?

( ˘ω˘)

これを見て即答した人は、ちょっとやばいかもしれません。

なぜなら前提条件がないから。

打ち始め時間、その日に打てる時間、ライバルの兼ね合いなどの環境的な要素がないからですね。

例えば兼業さんで夕方からの稼働。
かつライバルも少なからずいるホールという条件なら、①を打つべきだと僕は考えます。

平均消化時間は1時間と拘束が長いですが、確実に3000円をとれる。

しかし、②を選ぶと時給は3500円と優秀だが、その後に①を打てる可能性は極めて低く、実質1500円しか期待値をとれない。

ライバルが皆無なホールで朝一にこの2つが落ちてるなら、また話が変わってきますけどね。

-----スポンサードリンク-----

時給という考えに縛られ過ぎると足元をすくわれる

極端にいうと、ゲーム数狙いにおいて「時給」という考え方は机上の空論です。

ライバル皆無、台移動、コインを流す時間、収支入力時間、あぶれる時間無し

このように、全く同じ台をずっと打ち続けられる前提での数値です。

コイン投入時にホッパーエラーが起きて呼び出しを押すまでの時間、店員が呼び出しに気付き、きてくれるまでの時間・・・

実際の稼働時にはその他にも様々な要素が加わります。

期待値時給を意識するのは当たり前ですが、それを意識しすぎて1日にとれる期待値を自ら減らさないように注意することが必要です。

目的はとれるべき最大の期待値をとるということ。

時間効率が良い台をなんとなくこなすことではありません。

またまた例をあげてみる

①期待値500円 (時給3000円)
②期待値3000円(時給3000円)

これは机上の計算では全く同じような条件の台です。

①は期待値500円で平均消化時間が10分
よって6台こなすことで3000円とれます。

②は言わなくてわかると思いますが平均消化時間は1時間で3000円。

数値的には全く同じようですが、①は6台こなさないと3000円とれません。

さらに台移動や他の要素も絡むので、実際はもっと時給は落ちます。

①を優先したことにより、ライバルに②をとられるかもしれません。

①が6台、②が1台あったとするなら、②を消化した後に①が少しでも残ってたらいいな・・・

くらいの感覚で立ち回るのがベストだと思います。

最低でも3000円とれますからね。
あわよくば4000円、5000円ととれる可能性もある。

逆に①を優先してしまった場合の最大値は限りなく3000円に近い。

なんならライバルが②を打ち、すぐ当てた場合に、①を何台か打たれる可能性も出てきます。

そうなると自分がとれる期待値は3000円どころか、2000円、1500円と減っていってしまいます。

時間効率が良いからと言って、そこだけに注目するとこういうことも起こる・・・ということを頭に入れておくべきです。

なんやかんや言いましたけど

時給って考え方にとらわれずに、環境認識をしっかりした上で立ち回ろうって話です。

時給を優先したことによって、その日もっととれるはずの総量をとれずに・・・ってなるのは非常にもったいないですからね^^;

良かれと思ってやってることが逆効果だったってことは、今回の話に限らずよくあることです。

なんとなくの知識にちょっとした根拠を入れるだけで今まで以上に良いことが起こるかもしれません。

ふと思ったことを書いてみましたが、参考になった方がいれば幸いです。

参考になった!って方は
応援の1タッチお願いします(*`・ω・)ゞ

にほんブログ村 スロットブログへ

5 Responses to “期待値時給と期待値の優先度の決め方のお話”

  1. 倒産じぃじ より:

    これ本当難しいんですよね。打ち始めてから後悔したことが何度あることか(^^;;

    時間と環境によって物凄い優先順位が入れ替わりますよね。翌日狙えるならそのまま寝かせとく…とかってのもありますし、最近では設定狙いとエナでの天秤も加わってまぁ大変!!

    まぁ休みを休みたい気持ちもあって、設定狙いスカったら休日っていうスタイルになりつつあるため期待値もクソもない立ち回りなんですがww

    • ぽこち より:

      倒産じぃじさんどうも^^
      ほんと難しいところですよね。

      寝かせとくのも勇気いりますけど、重要です^^

      設定狙いスカったら休日・・・
      これもある意味体調を考慮した期待値稼働です(?)

  2. 匿名 より:

    お前が語るなよ。
    笑いもんが。

  3. あり より:

    私は時給は完全無視してます。
    兼業だと台数をこなせないし、閉店時間も考えなければならないので、期待値ありきで稼働してますね。
    打つ台が無ければ時給の高い台を…って感じです。
    もしくはAタイプに逃げますw

    時間に制限があるからこそ時給の高い台を打つべき、との意見もありますが、夜から行って何台も拾える環境なんて、そうそう無いですからw

    得られる期待値をしっかり取る方が、結果が付いて来ると思いますね。

    • ぽこち より:

      ありさんどうも^^

      兼業さんだと特にそうだと思います!
      おっしゃる通り、得られる期待値を・・・ってのが得策かと!

      p.s
      ありさんのコメントで後半にボケのないパターンはレアな気がしますw

コメントを残す

サブコンテンツ

Movie Contents

得するコンテンツまとめ

プロフィール

名前:ぽこち プロフ圧縮後
はじめまして、当サイト管理人のぽこちです。 私は2012年に初めてパチスロデビューをし、翌年から期待値稼働にシフトしました。
現在は平均で40~50万くらいを稼ぐことができています。
ただ、パチスロは自分が得するのみで、誰にも貢献することができません。
じゃあどうすれば自分以外に貢献できるかと考えた時に、ブログを思いつきました。
以前の僕のように負けている人、もしくは勝っているけど収支に満足していない方。 そういった方々に少しでも貢献できればと思い、このサイトを運営しております^^
詳しいプロフィールは
→ こちら ←
パチスロで月収30万稼ぐためのメルマガも公開中です。
30日間無料メルマガ講座

お気に入りブログ最新記事

2015年パチスロ収支

<Total収支>
+593万8612円

<2015年月間収支>

12月:58万6084円

11月:26万6774円

10月:64万5193円

9月:71万4623円

8月:58万5160円
7月:86万2003円
6月:37万7127円
5月:80万6278円
4月:28万8065円
3月:22万1201円
2月:26万9740円
1月:31万6364円

1回だけでいいです^^

このページの先頭へ

アクセスランキング