消化時間を考慮した立ち回りの優先順位

今回は期待値稼働における優先順位についてです。

日々期待値を追っていると、同じような期待値の台を打てる状況があるけど、どっちから打とうか・・・

nayamu

こんな場面が少なからずあると思います。

専業さんであれば下見をした時点で、ゆっくりと作戦を練ることができますが、仕事帰りの兼業さんなどだと、即現場で考えての実践なので、ライバルの兼ね合いもあり余裕はあまりないと思います。

限られた時間の中で期待値をできる限り最大値でとるために、こういった概念をインプットしておいて欲しいと思い、記事を書きました。

前置きが長くなったんですが、さっそくいきましょうか。

大きく分けて

期待値稼働を大きく分けるとすると、この2つですよね。

・天井狙い
・ゾーン狙い

そしてこの2つでどちらが時間効率が良いかってのは、言わなくてもわかると思いますが、ゾーン狙いですよね。

ただ、こんなのはみなさん知ってると思いますので、ここから深掘っていきます。

さらに深く分けると

これらをさらに深く分けると、どうなると思いますか?

これは、機種のは特性が関わってくるんですが、おおまかにこんな感じです。

・ゲーム数管理機種
・非ゲーム数管理機種

ここで言うゲーム数管理機種というのは、番長2やモンキーターン、モンハン月下など、ゾーンが存在し、天国が存在する機種です。

非ゲーム数管理機種というのは、特定のゲーム数にゾーンが存在しない機種のことです。もちろん、天国も存在しない機種です。ゾーンの存在しない機種は山ほどあるので、あえて例はあげません。

まあ、この2つを比べると、必然的にゾーンのあるゲーム数管理機種の方が時間効率は良さそうですよね。

しかし、ここの罠があったりします。

天井狙いでは

天井まで残り500Gで期待値が2000円の台が2つあったとします。
(ゲーム数管理機種と非ゲーム数管理機種)

この場合は、非ゲーム数管理機種の方が消化時間が短く、時間効率は良くなる場合が多いです。

理由は簡単で、天国という概念が存在しないため、非ゲーム数管理機種は即やめができるからです。

逆にゲーム数管理機種の場合は天国ゾーンをフォローする必要のあるタイミングもあり、平均消化時間が長くなってしまう傾向にあります。

ゲーム数管理機種を2タイプに分ける

ゲーム数管理機種が一概に時間効率が悪くなる傾向かと言われたら、実はそうでもなかったりします。

なぜなら、ゲーム数管理機種にはおおまかに2種類のタイプがあるからです。

その2つのタイプとは・・・

・前回モード参照タイプ
・モード移行一律タイプ

ちょっと言葉は僕が今てきとうに作りましたが、こんな感じで2つのゲーム数管理機種に分かれると思います。

前回モード参照タイプ

これはどういった感じかというと、ボーナス当選時は、前回のモードに基づいて次回モードが抽選されるパターンです。

例えば、番長シリーズやリング、モンハン月下、鬼武者再臨などがありますね。

こういった機種は、モードAだと天国移行率が低い・・・など、モードの見極めが出来ていると即やめできるパターンが多く、天国を回さなくていい状況があるため、消化時間はあまり長くならない傾向にあります。

モード移行一律タイプ

これは、前回モードに関係なく、毎回同じ確率で振り分けられるタイプですね。

例えば麻雀物語2、モンキーターン2、KOF、北斗転生など・・・

こういったタイプは、機種にもよりますが、割と天国移行率が高いものも多いです。特に麻雀2やKOFなどは天国移行率が40%あるんで、絶対天国をフォローすべきですし、天国ループの可能性も上がり、消化時間が長くなりやすいですよね。

ただ、一律タイプの中でも、北斗転生のように天国移行率がかなり低い機種もありますので、そこは一概には言えませんね。

消化時間を考慮した優先順位

全く同じ期待値の台があるとすれば、消化時間を考慮するとこういった順序で消化するのが望ましいです。

<ゾーン狙い>
1.前回モード参照タイプ
2.モード移行一律タイプ
※ここは一概に言えない

<天井狙い>
1.非ゲーム数管理機種
2.前回モード参照タイプ(G数管理)
3.モード移行一律タイプ(G数管理)

こんな感じになりますね。
消化時間が短い順に上から並べてます。

ゴッドシリーズは期待値が高いが

ミリオンゴッド神々の凱旋などは浅いG数から期待値がかなり高いですが、平均消化時間が長いので、期待値だけで狙うのはあまりオススメしません。(兼業さんならなおさら)

凱旋のリセ後200G時点を例にします。

期待値:3000円
平均消化時間:50分程度

この台の時給は3600円となります。

では、ビンゴネオのゾーン狙い(AT後350G)を例に。

期待値:2000円
平均消化時間:15〜20分程度

平均消化時間はなんとなくで出しましたが(笑)、この台の時給は6000円〜8000円となります。

とにかく収支を安定させたいという方であれば、時間効率よりも期待値を優先し、安定しやすい天井狙いメインで立ち回るのも良いですが、時間効率よく期待値を最大でとっていきたい方はゾーン狙いを駆使して時給を最大限に高めるのをオススメします。

おさらい

・ゾーン狙いは時間効率が良い
・ゲーム数管理機種より非ゲーム数管理
・天国が弱い機種ほど消化時間は短くなりやすい
・収支の安定をとるか、時間効率よく立ち回るか

というところで、今日はこの辺で。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。
何か質問等あれば気軽にコメントやメッセくださいね!

なるほど!!と思った方は
応援の1タッチお願いします(`・ω・´)ゞ

org_temp2_1389475

2 Responses to “消化時間を考慮した立ち回りの優先順位”

  1. 匿名s より:

    リセットの状況で変わるときもありますよね。まあ最近は、みんなわかってきてるけど

    • ぽこち より:

      匿名sさんコメントありがとうございます^^
      まさにそうですね。

      据え置きかリセットかでもかなり状況が変わってきますよね。
      ホールの傾向等も把握してうまく立ち回っていきたいですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

Movie Contents

得するコンテンツまとめ

プロフィール

名前:ぽこち プロフ圧縮後
はじめまして、当サイト管理人のぽこちです。 私は2012年に初めてパチスロデビューをし、翌年から期待値稼働にシフトしました。
現在は平均で40~50万くらいを稼ぐことができています。
ただ、パチスロは自分が得するのみで、誰にも貢献することができません。
じゃあどうすれば自分以外に貢献できるかと考えた時に、ブログを思いつきました。
以前の僕のように負けている人、もしくは勝っているけど収支に満足していない方。 そういった方々に少しでも貢献できればと思い、このサイトを運営しております^^
詳しいプロフィールは
→ こちら ←
パチスロで月収30万稼ぐためのメルマガも公開中です。
30日間無料メルマガ講座

お気に入りブログ最新記事

2015年パチスロ収支

<Total収支>
+593万8612円

<2015年月間収支>

12月:58万6084円

11月:26万6774円

10月:64万5193円

9月:71万4623円

8月:58万5160円
7月:86万2003円
6月:37万7127円
5月:80万6278円
4月:28万8065円
3月:22万1201円
2月:26万9740円
1月:31万6364円

1回だけでいいです^^

このページの先頭へ

アクセスランキング